~タオとは天と地よりも前から存在しすべてのものを司る不可欠なエネルギーのこと~                ホリスティック&スピリチュアルなセラピーを札幌のホームサロンにて提供しています♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
永遠くん、シュタイナー、ありがとう
2005年12月29日 (木) | 編集 |
永遠くん、今日はあなたの1歳のお誕生日だね。元気かな?

大河おにいちゃんの面倒をいつも見てくれて、ありがとう。
どっちがお兄ちゃんなんだろうねと、おとうさんとよく話しています(笑)

でもね、どう誤魔化そうとしても、やっぱり今あなたがここにいないことが、虚しい。
あなたの肉体を、抱きしめられないことが、悔しい。
その笑顔を、泣き顔を、見れないのが、悲しい。

とってもとっても、苦しくて、寂しいです。

あなたはこの1年、一度も、おかあさんの夢にすら出てこなかったね。
もしかしたら、コンタクトを試みてくれていたのかもしれないけど
おかあさんが気づくことができなかったのかもね。

1年前の今日、あなたと一緒に肉体を離れることができなかったことを恨みました。
どうして私だけ、生きているんだろう、と。

でも、”生かされた”ということは
おかあさんは、まだこの生ですべきことが終わっていないんだね。
そしてあなたは、この生での魂の目的を果たしたから、還ったんだね。

だけど、ごめんなさい。
おかあさんは、それをまだ完全に受容することはできません。
どうか、もう少しだけ、時間をください☆
あなたの魂に恥ずかしくない、おかあさんになれるよう、もっともっと頑張る。

あなたと肉体を共に過ごした10ヶ月間、おかあさんは本当に幸せでした。
そしてこれからも・・・
あなたと大河おにいちゃんは、永遠に、おかあさんの宝物です。

永遠くん、生まれてきてくれて、ありがとう。
1歳のお誕生日、おめでとう。

おかあさんより




今日は仕事をお休みし、大河とのんびり過ごしながら、シュタイナーの星と人間を読んでいます。
星と人間―精神科学と天体 星と人間―精神科学と天体
ルドルフ シュタイナー (2001/06)
風濤社
この商品の詳細を見る

夕方には”あの瞬間”になると思うと辛いので、その時は心静かに写経をしようと思います。

大河が生まれる前から漠然と、こどもが生まれたらぜひシュタイナー教育を☆と考えていましたが
永遠くんを喪ってからというもの、ふっ・・・と魂のレベルで”腑に落ちる”ようになりました。

以前なら手に取ろうとも思わなかったシュタイナー(こ難しい?)本たちが
するすると、柔らか~く私の血肉に染みわたります。

もちろん今もシュタイナー教育のを全て理解できているとは到底思っていませんが(^^;)
私たちの魂と肉体、この地球で生きる意味、死後の生、神霊存在、宇宙の歴史、
人体と星々との関わり、魂の受肉、etc.

ああ、やっぱりそうだったんだ・・・と
自分の中の深い深いトコロが悦びと感動に打ち震えるのを感じます。

”シュタイナー”というと
「あれって、オカルトなんでしょ?宗教なんでしょ?」
「小さいうちはいいけれど、社会に適応できない子になるんでしょ?」
「TV見せちゃダメだっていうから、ウチは無理なの」な~んて言われます(爆)

それらはシュタイナーの思想の一端を抜き書きしたり脚色されたものであって
決して本質ではないし、ましてやシュタイナー思想=幼児教育ではありません。

じゃあ、シュタイナーの本質ってなに?
知りたい方は、こちらも参考にしていただければ幸いです。
そして、自分の内にある、自分だけの真実をみつけてください。

また、1月4・5・6日にはシュタイナー教育講座を開催しますので
どんなコトするんだろう?と関心のある方は、お気軽にご参加してださい♪

詳細なチラシ(A4・2枚)をFAXしますので、私書箱に番号をお知らせくださいませ。
お知らせいただいた番号は、悪用いたしませんので、ご安心ください



大人のためのシュタイナー教育講座

こどもを理解するために、シュタイナーの思想の片鱗に触れるための講座です。
「自由への教育」として、精神・心・身体をバランスよく育てていくシュタイナー教育ですが
翻って、私たち大人はどうでしょうか?
自分自身を見つめなおすためにも、ご一緒に考えてみませんか?

もちろん1講座のみの参加もできますが
歴史~彫塑~気質と、より理解を深めていけるように設定されています。

※お子さんの同伴は不可ですが、各講座とも託児があります(有料・要事前申し込み)

  ++++++++++++++++++++++++++

歴史の入り口に立つ ~7年生のエポック授業より~

シュタイナー学校では、年代や人物の暗記だけではなく
生き生きと学ぶために、教師はどのような働きかけをするのでしょうか。
子どもの講座を通して、私たちも歴史の入り口に立ってみましょう。
ここではコロンブスの大陸発見を中心にお話します。
この学年の歴史の授業は、今の時代の課題を含んでおり、とても重要な意味を持っています。
その点をふまえて、考えていきます。


    と  き   1月4日(水) 14:45受付 15:00~16:30
    と こ ろ   あけぼの開明舎2F 多目的室
            札幌市中央区南11条西9丁目 (曙小学校跡)
    参加費   3,000円 / 会員 1,500円 
  (シュタイナー校設立を考える会に入会希望の方はお気軽にお問い合わせください

 


  ++++++++++++++++++++++++++

彫塑・粘土の体験

粘土で形づくることは、どのような体験になるのでしょう?
シュタイナー教育では、子どもの心が様々なことを体験し始める頃から、粘土の体験が始まります。
人や世界と出逢い、自己の心を形成していくときに
粘土の授業はどのような可能性があるのか入門的に体験します。
もちろん、成人の自己成長や治癒の可能性も持っています。


    と  き   1月5日(木) 12:45受付 13:00~15:00
    と こ ろ   あけぼの開明舎2F 多目的室
                札幌市中央区南11条西9丁目 (曙小学校跡)
    参加費   2,500円 / 会員 1,500円 
  (シュタイナー校設立を考える会に入会希望の方はお気軽にお問い合わせください)
 


  ++++++++++++++++++++++++++

子どもの気質

シュタイナー教育では、子どもの持っている気質を肉体の特徴、しぐさ、心の傾向などによって
4つの方向で捉えています。
子どもを理解し、導くために1つの足がかりとなります。気質に合わせた授業方法や
子どもへの叱り方、などをお話します。


    と  き   1月6日(金) 13:30受付 13:450~15:15
    と こ ろ   あけぼの開明舎2F 多目的室
            札幌市中央区南11条西9丁目 (曙小学校跡)
    参加費   2,500円 / 会員 1,500円 
  (シュタイナー校設立を考える会に入会希望の方はお気軽にお問い合わせください)


<講師>  近藤 嘉宏氏

ドイツのシュタイナー教育教員所学校を経て
現在、東海地方で子供向け芸教室・成人向け水彩画や
シュタイナー教育・人間学・精神科学などの講師を務める。
2003年から当会にて大人の講座を開催。
自身の経験をふんだんにまじえた、具体的で軽妙で分かり易い講義が大好評です♪


お問い合わせ&お申し込みはスーヤまでお気軽にどうぞ


スポンサーサイト
テーマ:こどものこと。
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。