~タオとは天と地よりも前から存在しすべてのものを司る不可欠なエネルギーのこと~                ホリスティック&スピリチュアルなセラピーを札幌のホームサロンにて提供しています♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュタイナー教育&しちだ式教育
2006年01月25日 (水) | 編集 |
長男の大河が生後10ヶ月から3歳4ヶ月まで
私はしちだ式の育児を心がけていました。

そして3歳4ヶ月から4歳になる現在も、そしてこれからも
シュタイナー教育に基づいて、育てていくつもりでいます。

それぞれの掲げるものは矛盾しているように見えるかもしれませんが
確かにパッと見たところ、まったく正反対のようですが(^^;)
私の中では、どちらも大切なエッセンスがいっぱいの思想です。

どちらかが優れていて、どちらかが間違っているとは今も思っていません☆

たとえシュタイナー教育を受けたからといって
必ずしも「真に自由な魂を持つバランスの取れた人間」になるかといえば
100%ではないと思います。

しちだ教育を受けて育ったからといって
「右脳が開いた社会に貢献できる優れた人間」になるかといえば
同じく100%ではないと思います。

信じる思想と、それとは異なる思想に対して、反論を唱えることは、たやすいことです。
でも、その反論&否定のモトとなる知識はどこから得たものですが?
本やネットや、または実際に自らが体験した経験からかもしれません。

でも、たとえ自らが経験して得たとしても、それは100%その思想を顕してはいません。

実践者(教育者、親)によって、シュタイナー教育も、しちだ教育も
本来のそれとは、全くといっていいほど異なった「もの」になるからです。

だから、それらの思想の「一部」を切り取って、そこだけを視て
「これがしちだ式教育だ、早期有害教育だ!
「これがシュタイナーだ、非現実的だ」!ってのにはどうしても違和感があります。

確かに、絶句するような教育方法を実践している人はいると思います(^^;)
でもそれが正しいか間違っているかは、私ではなく、その人個人が判断するものです。
(まあ、どこまでその人の判断に任せるかは親密度や状況にもよりますが・・・)

私には、しちだ&シュタイナーに関わる母親友達が、たくさんいます。
みんな、素晴らしい人たちです♪
彼女たちと出逢えたおかげで、今の私と、大河があります。

初めての育児で苦しい壁にブチ当たったとき、出口を見失いかけてしまったとき
しちだ式教育を通じて知り合った先生&友達の根底に溢れる、しちだ式の思想からくる
愛と思いやりに触れて救われ、センタリングさせてもらったことが何度もありました。

確かに、シュタイナーに出逢い、私も大河も
しちだ式ではないものを求めていることに気づいたから、しちだの教室通いを止めたのですが
私はしちだ式と、彼女たちに出逢えたことにココロから感謝しています。
もちろん今も、そしてこれからも☆

永遠くんのことがあり、魂のレベルで、人間を育てるシュタイナー教育に惹かれていきました。
そこでは誰もがみな、決して「目に見えること」だけで人間を判断しません。
いい子、悪い子、こうすべき、というような「くくり」は一切ありません。

その子の根底の、何が、この言動に、表情に、肉体に、エーテルに表れているのか・・・
静かにみつめます。そして、その子どもを変えるのではなく、こちらが変わるのです。
すると、子どもが変わります。子どもは親の言動や、目に見えるものだけではなく
見えない親の「感情」「こころのあり方」も、しっかり模倣するからです。
いつも、どんな時にも、そこにジャッジは存在しません。

その子を取り巻く、母親、空気、色、素材、季節etc. それら全てが
こどもの霊性を形成していくエッセンスです。
こんなに自然で心地よい世界があったんだ・・・

私の魂が歓びで震えました

シュタイナー教育も、しちだ式教育も、本当のはじまり&源は「愛」だと思います。

その愛が、愛という名の仮面をかぶった親のエゴからくるものなのか
人間の魂が真に欲する意思からくるものなのか
結局のところは、それによるんじゃないかな・・・と、私は思います。

なんちゃって、ただ私が認識不足なだけかもしれませんけどね(^^;)
スーヤママの独り言でした。


全然関係ないですが、今ラピュタのDVDを観ていて
 「最後のチャンスだ、すり抜けながらかっさらえ!」
 「パズー!」
 「シーターー!」
のシーンで胸がいっぱいになって泣いてしまった・・・

いつもココでやられるんだよな~。やっぱ、ラピュタはいいわ♪

しかし、86年8月公開ってコトは・・・20年前の作品なんですね
本当に良いものは、何十年経っても色褪せないのですね。




スポンサーサイト
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
なるほどね~☆カバラ編
2006年01月22日 (日) | 編集 |
友人のビナーちゃんが、カバラについての推薦文を寄せてくれましたのでご紹介します♪
とっても分かり易い解説をしていただいて、ありがとう~


人間の普遍のテーマ
自分って何だろう
どこから来たのだろう
宇宙って何だろうどうやってできたんだろう
そして、自分は何のためにいきているんだろう
という疑問
それに答えてくれるものは今まで
宗教、哲学に求められてきたけれども
その答えを
自分の力で見つけられる手がかりをくれるものがカバラだと思います。

さらに、もっと身近な問題
生きていくうえでの自分のその時々の感情のあり方
なぜ自分は、ここで怒りを感じるのか
なぜ、家庭や、仕事場や、親の前や
ありとあらゆる場所でそれぞれの
キャラクターを演じるのか
その自分の作り出した仮面を見つけて
客観的に分析して
感情のコントロールをすることができるよう目指します

これができれば、人生は無駄に感情に流されることなく
心は豊かに、平和でいられるでしょう

カバラは大天使メタトロンが書き記し
ヘブル人に与えられ、その後
地下組織によって極秘に伝えられた教えです
今この時代に、真に望めば誰でもその教えを求めることができるのは
とても素晴らしく名誉あることではないでしょうか


ユニバーサルカバラ1札幌初開催♪の詳細はこちらです

それから、ユニバーサルカバラの日本唯一の講師で
RMMS日本校校長でいらっしゃる藤田さんにカバラの受講について伺いましたら
カリキュラムの一環で、わざといろんな体験をしてもらうことがあるので
質問の答えも一人ひとりに違うのだそうです。

ですので、4まで通して受けなくては大変なコトになる!とか
1しか受けないのでは、カバラを学ぶ意味がないとかいう噂がありますが(^^;)
そのようなことは、まったくないそうです☆

ですので全国の、ユニバーサルカバラを、すでに受講中、
もしくは受講を検討中のみなさまへ。

藤田さんから・・・

まず、他人の言動に惑わされないこと
カバラについてだけではなく
いい加減なことを言う人のHPを信用しないこと
自分自身をしっかりと維持していくトレーニングを進めていってください

というお言葉をいただきましたので、シェアさせていただきました

ついに札幌カバラ&アダムカドモンですよ~☆
2006年01月21日 (土) | 編集 |
待ちに待ったユニバーサルカバラが、ついに札幌開催の運びとなりました♪

日本では藤田祐二氏しか講義を許されていないこの講座を札幌で開催することは
私の念願のひとつでした。(私の念願は、ま~だまだあるんですね^^;)

”私はカバラを学び、この現実を、より自分らしく、豊かにクリエイトします!”
札幌開催実現に向けて、こうアファメーションしてきました。

あ~とっても嬉しいです♪


  +++++++++++++++++++++++++++++++++

カバラとはヘブライ語で”受け取られたもの”また”伝授されたもの”を意味します。
本来のスピリチュアルな教えには、東と西という隔たりも無く、哲学と宗教という隔たりもない、
たった一つの形です。それを、ユニバーサル・カバラでは純粋な形で教えていきます。
 
カバラは西洋神秘思想の大きな源流であり、占星学、タロット、天使学など
幅広いスピリチュアルなワークと深くかかわっています。

机上の教義ではなく、実践するものとしてのユニバーサル・カバラを展開しています。

4回に分けて、私たちの内なる”生命の木”をのぼり、
毎回、リチュアルと呼ばれるテーマにそったエネルギーワークを皆で体験。
カバラのシステムを使って、自己と高次元とのつながりを深めます。
あなたの内的世界がいっそうクリアになり
人生に豊かな恵みをもたらすことができるでしょう。

精神世界の学びをして来た皆さんにとって、次のステップの学びです。
ユニバーサル・カバラでは、奥義中の奥義に触れて行きます。

出版されている書籍やインターネットで得られない、
現実をクリエイトする智慧が、ここにあります。

あらゆるスピリチュアルな教えの中に存在する普遍の奥義
このカバラの中に全て含まれてるのです。

エネルギーと意思と行動のバランスの大切さを学ぶことにより
あなたが望む現実を創るに当って、何があなたの現実化を妨げているか
どのバランスが整っていないのか、
実践を通して”生命の樹”を昇って行きます。

カバラは、あなたの霊的成長を促します。
5000年の時を超えて天界から送られたスピリチュアルな成長の奥義を学びます。
カバラの学びとは、生命の樹の学びです。それは、自己と宇宙を知る旅です。

カバラ2は、2006年4月開催予定です。
もちろん、1のみの受講でもOKですし、4まで登られてもOKです♪


  +++++++++++++++++++++++++++++++++

同時開催のアダムカドモンについては、どうぞこちらをご覧ください。

アダムカドモンは、永遠くんが、私が受講することを喜んでくれたプログラムです♪
その時はどうしてなんだかよく分かりませんでしたが(爆)今は実感しています!
詳しくはこちらをどうぞ☆

私は昨年11月に受けたのですが、あれ以来、
エネルギーに関わる続々といろんな能力が開発されていて自分でもびっくり☆

アダムカドモンは本当に脳が(未開発の部分が)活性化するんですね~!
って、主催しておいて言うのもなんですが(^^;)

ちなみにアダムカドモンは、今後、札幌開催は予定していません。

私は、本職はイベントコーディネーターではないので
勝手かもしれませんが、自分個人の学びを深めることに時間を使って行きたいと考えています。

ですので、私が同じイベントの企画をすることは、もうないです(^^;)
私以外のどなたかが、企画をされることはあるかもしれません。

日本&海外を飛び回ってライトワークを展開されている
藤田校長のスケジュールを押さえるのは、なかなか至難の業☆

今回の札幌開催でも、はるばる東京・横浜から参加されるかたもいらしゃいます。

この機会をどうぞお見逃しなく!

テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
1月のレイキ練習☆大河が発熱
2006年01月17日 (火) | 編集 |
1月のレイキ練習会は21日(土)のPM1:00よりTAOにて開催します♪
定員まであと3名ほどですので、興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

内容は、参加される方たちの顔ぶれに合わせて決めさせていただきます☆

  ++++++++++++++++++++++++++++

大河が2日前に唐突に39度を超える熱を出しました。

まずはホメオパシーのアコナイトを摂らせて様子をみて、翌朝にベラドーナを、
夜にジェルセミューム、ヒマさえあればレイキを流していたら
ほぼ1日で、とっとと完治しました。

大河はめったに体調を崩さない子で、来月で4歳になりますが、
いまだに病院のお世話になったことはありません。

にじの子が風邪で休園になったときも、ひとりピンピンしていました(爆)
本当に、ありがたいことです☆

高熱でボーッとしている大河は、
ただでさえ透き通るような色白のほっぺに、ふんわり赤みが差し
ちっちゃな唇は赤いバラの蕾のようで、まるで白雪姫みたいだね♪と
おばあちゃんに言うと、あまりの親バカぶりに、彼女も絶句していました(^^;)

すっかり元気になった今夜は、お布団に入ってからも、自作の詩?を朗読したり
モミモミするの!と布団にもぐって私の足を揉んでくれたり
嬉しいんだけど、なかなか寝付いてくれませんでした。

ねえ、大河はどうしたらすぐ眠れるのかな?と聞くと
「あのね、大河ね、こおやってホッペ触るとね、気持ちよくってね~、寝れやすいんだよ」

ん?どうやって??
暗い中、手を伸ばしてみると・・・
ちっちゃいおててを頬杖のようにして、ほっぺにあてて目を瞑っている~!
なんてかわいいの~

聞くと、最近は、いつもこうやって寝ているんだそう。
ああ、こんな可愛い仕草で寝てたなんて、暗くって見えなかった・・・もったいない☆

テーマ:元気になるヒント
ジャンル:心と身体
マトリックスは地球じゃない!?
2006年01月14日 (土) | 編集 |
ネットでマトリッックスの画像を何気な~く見ていたら大河が寄って来て
「これ、なあに?」と聞くので適当に「ああ、マトリックスだよ」と答えると
「これ、ちきうじゃないね。ここは~ちきうだけどね♪」と言って指を下に向けました。

相変わらず、よくワカリマセン(^^;)

大河は数日前まで毎日のように
「またね、おばけに、首しめられたの、くるちかったの~!」とか
「こおやってね(両手を広げて)、あそこからね、大河のことみてたの~」とか言いながら
泣いて起きてきていました。

そういえば、寝室には結界を張ってなかったことに気づき(遅いって^^;)
怯えて泣きじゃくる大河のそばで結界をはっていると、大河が
「あ、おばけ、いっちゃった・・・」と上のほうを見つめていました。

それ以来「おかあさん、おばけより強いもね!」と嬉しそうに言ってますが
いや~そういうワケじゃないんだけど・・・

しかし、やっぱりコドモには分かるんだな~と思いつつ、一応まだ毎晩、聖水をまいて
部屋のシールドを活性化して、安眠のための光を呼び込んでから寝かせています。

また、ひとり遊びをしていて、な~んかブツブツ同じ言葉を繰り返しているなと思ってよく聞くと
「宇宙はベルベットだ、バスケットではない」(爆)なんて言ってたり
「いいエネルギー」「悪いエネルギー」はまだ良いとして
「エイジメシア」とか「エレニネーション」という単語もよく使ってます。

一体なんなんだそれはっ!?
どなたか、ご存知の方はご一報くださませ(いないって・・・)

さすが3歳児、まともに付き合っていると脳が破壊されそうに楽しいです♪

そういえば、まだ雪のない時期、ブランコに乗って、薄い髪をなびかせながら
「かぜさん、ありがと~♪」って叫んてたなあ。

あまりにスナオでかわいくって堪らなくって
母はホッペにかじりついてしまいましたとも

親ばか日記で失礼しました(爆)



テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。